ランニングを30分間する

ダイエットの基本は、走ることだと思います。 現在、主流のウォーキングをすることも良いでしょうし軽めの運動が一番ダイエットには適しているとされています。

私のダイエットの方法は、ランニングを30分間するというものです。 毎日走ることが基本ですが、身体の調子が悪い時や天候が悪い時は、走ることをやめることもあります。 週に5日は走るようにすると、身体が走ることが当たり前の身体に変わってきます。

走るスピードはジョギング程度で、息が上がらない程のスピードで走ります。 走る時間は12分以上で、脂肪が燃え始めるということから、最低15分間は走りたいと思っています。 普通のジョギングをすることでも、始めの1週間は膝や太ももに痛みが現れるので、無理をしないようにして続けるようにしましょう。

走り始めは、真っすぐに走るコトを意識して走ります。 人のいない通行料が少ない道で、今度は後ろ向きに走ります。 真っすぐに走る時には、太ももの前部分を使いますので、後ろ向きで走ることで太ももの後ろ側を鍛えることが出来ます。 さらに横走りやスキップを取り入れましょう。 同じ走るという名目でも、走り方が違うだけで使う筋肉が違って鍛えられる場所も豊富になります。

飛び越えられる歩道の策をジャンプして渡ったり、膝くらいのコンクリートの壁に上って見たりすることで、腹筋や背筋まで鍛えることが出来ます。 この練習方法をする時の注意点は、人通りが少ないことと、車通りが少ないことが上げられます。 そして、走り始めてすぐに実行するのではなく、走ることに慣れるまではしないようにしましょう。

無理な運動は身体を鍛えることにならないし、ケガの素になってしまいます。 ヒネリを加えたり、屈伸を加えたり、いろんな足の筋肉を鍛えることで老化や衰退を防いでくれるでしょう。 足の筋肉は、第二の心臓ともいわれています。 足に筋肉が多いと太りにくいということですね。

ダイエットにも効果があるのは当然ですが、少し太り気味と言われる人であれば、1週間で1キロの減量は出来るでしょう。 まずは無理をしないで続けることを目標に頑張りましょう。

初めてのダイエット

10代の頃は痩せ型の体型であることをいいことに、一切ダイエットもせず、好きなものを好きなだけ食べてきました。
それがここ数年、少しずつ、しかし着実に増えている体重に、危機感を抱くようになりました。 体の中でも主に下半身と顔の頬や顎周りへの脂肪の付きが良いのです。
下半身も顔も、露出することが多い部分であるだけに、ちょっとの変化でも気になってしまいます。 今までダイエットをしたことがなく、ノウハウを全く持たない私にとっては 、体重を落とすことはとても難しいものと感じました。

まず、ふくらはぎや太もも、下腹を含めた範囲のお肉を減らそうと考えました。
ダイエット計画は、明らかに運動不足で筋肉量も落ちていたので、脂肪燃焼と筋肉増強を目指して運動を始めました。
下半身全体をなんとか一度に鍛えられないものかと、ズボラな私がやったのは、自転車に乗ることです。 長らく乗っていなかった自転車を引っ張り出し、通勤にも買物にもなるべく使うようにしました。
自転車をこいでいて感じるのは、ふくらはぎや太ももの筋肉と腹筋への負荷です。 特に太ももはこぎ出してすぐに痛くなるほど筋肉を使っていることが分かりました。
さらに重い荷物をカゴに入れたり、坂道を立ちこぎをせずに座ったままで登ったりすることで、より多くの負荷がかかります。

これでだいぶ脂肪を落として筋肉をつけられるのでは、と期待しています。
顔の脂肪はやはり顔の表情筋を動かすことで、脂肪を燃焼させ、 血流を良くすることでむくみの原因となる老廃物を流すようにしています。
方法は、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」とあ行からわ行まで3回づつ、大きく口を開けてしっかりと発音するだけです。

それだけでもずいぶんとコリがほぐれ顔が柔らかくなります。 最後の方は筋肉に乳酸がたまり、発音がしづらくなるくらい、筋肉に負荷がかかります。
堅いものを良く噛んで食べるのも良いですが、偏った筋肉だけを使うと、左右不均衡になったりエラが張ってしまったりと、 顔の輪郭に響いてしまうので注意が必要です。
食事制限無しに自転車と発音作戦で、自己流ダイエットが成功するか、目下挑戦中です。

効率の良い運動方法

朝起きてから5分~10分ほどストレッチ(本タイトル:美ツイストストレッチ参照)をして、全身鏡でボディラインをチェックし写真に収めます。(収める理由は写真を撮ることで痩せたかどうか日を追ってチェック出来るため)そして、朝は必ずヨーグルトと納豆、もずくとご飯を食べ、お昼も好きなものを食べます。夜は炭水化物を押さえてスリムアップスリムという粉末をシェイクして置き換えダイエットをします。

ご飯を食べ終わった後、ダンベルを使い二の腕をシェイプアップします。やり方は片手1kgのダンベルを両手で2kgを使って行います。頭上で地面と垂直になるようダンベルを持ち、背面で上げ下ろしを15回。これを右左交互に3セット行います。次に腕を斜め下45度に伸ばしてダンベルを持ちます。肘の位置は動かさないよう、肘から手先のみを曲げたり伸ばしたりを15回。こちらも左右交互に3セット行います。

二の腕のシェイプアップが終了したら、腹筋ローラーを使い10~15回を目安に腹筋を鍛えます。腹筋を鍛え終わったら、2種類のスクワットを行います。やり方は、肩幅より少し広めに足を開いて立ちます。(この時、つま先は正面方向になるように行います。)腰を下げ、つま先から膝が前に出ないように曲げ、呼吸を止めないようにして、4秒で下に下がり、4秒で上がります。10回1セットとして1日3セット行います。コツはゆっくりと太ももを意識しながら行うことです。

もう1つのスクワットは「相撲スクワット」と呼ばれるものでやり方は、四股を踏む時のように大股に広げ、その時つま先も外側に向けます。両手を頭の後ろで組み腰をゆっくりと深くおとし10回1セットとして1日3セット行います。コツはヒップアップされることを意識しながら行うことです。

スクワットが終わると最後に有酸素運動を行います。その場でジャンプをしてみたり、ダイエットプログラムDVDを見ながら約1時間ほど運動をして、運動後はクールダウンのためにストレッチをします。その時特に駆使したと思う部分(太ももなど脚を中心に)を良く伸ばしてください。

このダイエット方法で、健康的なボディラインを手に入れることが出来ました。1年で約8キロ減って、無理なくゆっくり痩せた為かリバウンドはなしです。

女性の健康的なダイエット

私は以前、体重が60キロ近くもありました。 そのため、動くのもおっくうで、すぐに疲れが襲うこともしばしばありました。 しかし、食べるのが好きだったので、ダイエットのことは考えたことがありませんでした。 特に肉類や糖分が好きで、ケーキバイキングなどに行くのを趣味にしていました。 そのせいか、かなりお腹まわりにも肉がしっかりとついていました。 でも、別に良いやという気持ちで過ごしていたため、ほったらかしでした。 そんな私がダイエットを決意したのは、不妊症が原因です。 結婚してもなかなか子供が出来ず、医師からは子宮内膜症だと言われました。 特に厄介な子宮内膜腺筋症という病気で、これは子宮の内膜が硬くなってしまい、受精卵が着床出来ないというものです。

不妊を改善するには、治療が必要だと言われてしまいました。 この治療方法ですが、女性ホルモンを投与していくことと、もう少しダイエットをするようにも言われてしまいました。

医師曰く、身体に脂肪が蓄積されていると、血流が悪化して、血行障害が起こるそうです。 結果、子宮まで血液が届かず、子宮の状態が悪くなってしまうらしいのです。 この症状を緩和するには、身体を温める食事をすることが大切だということです。 例を挙げると、大根やほうれん草、人参などの野菜をしっかり取ることと、肉や糖分を控えめにして、出来るだけ運動も行うこことが必要だと言われました。 そういう理由で、ダイエットをすることになりました。 私の場合には、さつまいものレモン煮と鮭、ほうれん草のお浸しをメインにして、大量に作り置きをしておき、夫とは違うメニューにするようにしました。 また、白米を止めて、玄米に変えるようにしました。 食事を変えてしばらくは特に変化はなかったのですが、一週間ほどすると毎日宿便が出るようになりました。

その他にも、身体がとても軽くなり、疲労感をほとんど感じなくなりました。 同時に運動も行うことと言われましたが、仕事をしていたため、運動する時間がとれず、不妊症にも効果があるという岩盤浴に通うことにしました。 週に一回ほど通っていたのですが、身体の中から汗と毒素が排出されて、とてもすっきりした気持ちになりました。 これも痩せるのには効果が大きかったと思います。

ダイエットを続けた結果、体重はマイナス10キロほど落とすことが出来ました。 それに、妊娠もすることが出来たのです。
やはり、肥満はいろんな病気のリスクがあり、身体にも良くないので、出来れば肥満にならないようにこれからも気をつけていきたいと思います。

毎日の習慣としてジョギングをしています

私の健康管理法としては、ジョギングをおこなうことが挙げられます。それは、仕事の関係上、座っていることが多いことから、足腰を鍛えるためにはどうしたらいいのかと思って、毎日早朝におこなうことができるジョギングを選択しました。

ジョギングは、毎日続けることが大切と思っています。そのため、雨が降ったとしても風が吹いているとしても、できるだけ行うようにしています。そしてそれは、毎日の習慣として定着させることができています。 私はこれを実施し始めた時、長く続けることができないのではないかと思っていたのです。それは、今までも色々なスポーツを行なってきましたが、どれも長続きをさせることができなかったからです。そのため、ジョギングを始めた時は、絶対長続きをさせようと心に決めて開始をしました。すると、そのように自分で納得をして行うことにしたことで、今までのスポーツと違って頑張ることができています。

またジョギングを行うことによって、場所も取る必要はないし、自分一人で行うことができるという点も長続きをさせることができるメリットであると思っています。 そしてジョギングをし始めてからは、良いこととしてそれをしないと、からだがムズムズとすると行った感じになっています。そのため、早朝に体を動かすことによって、生活習慣が定着して、良かったと思っています。

また、以前は少し動くことも億劫と思っていたことでも、今ではそんなに辛くなく、動くことができています。そのため、色々な体の部位の筋肉が動かしやすくなっていると感じることができています。 また、もう一つ良いことは、早く眠れるようになりました。それは、以前は少し眠れないということがあって、不眠の状態になることがあったのですが、そんなことは全くなくなり、夜の10時には、すっかり眠ることができているのです。そのため、朝起きた時に、とても良い気分で起きることができます。そのことから、朝にジョギングをしようという気持ちになることができるのです。

そのことから、以前の生活習慣から考えると、随分健康的な生活ができるようになりました。ジョギングをすることによって、私の生活習慣を整えることができ、そのことは今までよりもはるかに、素晴らしい健康管理になっていると感じています。